ロータリーとは

世界中に約3万5千クラブ、122万人の会員

ロータリークラブの魅力とは

世界へとつながる奉仕と友情

世界200以上の国や地域で約3万5千ものクラブが存在する国際的奉仕団体「ロータリークラブ」。業務でもプライベートでも信頼し合える「仲間」と共に、地域に根差した奉仕活動を行っております。その理念や歴史、世界中を舞台に行われている活動の内容を紹介します。
 

奉仕の理念
 ロータリークラブは、「利他の心を養い、人を育てるとともに、献身的な奉仕活動を行う」世界的な団体。「他を思いやり、助け合い、他人の役に立つ行いをしよう」を理念に人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高い道徳基準を守り、世界の親善と平和の確立への寄与を目指す人々(ロータリアン)が参画しています。
100年超の歴史
 発足したのは1905年のアメリカ・シカゴ。著しい社会経済の発展を遂げる一方で、商業道徳が欠如していると考えた青年弁護士のポール・ハリスが「互いに信頼できる取引をし、仕事上の付き合いがそのまま親友関係にまで発展するような仲間を増やしたい」と考え、友人3人と共に立ち上げた。集会を各自の事務所持ち回りで順番に開くことから「ロータリー」の名がつけられました。
日本での活動
 日本で最初のロータリークラブは、1920年(大正9年)に東京で設立された。翌年に世界で855番目のクラブとして国際ロータリーへの加盟が承認。第2次世界大戦の影響で40年〜49年は一時脱退したものの、現在では国内に約2270クラブ、会員数も約8万8500人を数えます。
奉仕は国内外で
 今年度、国際ロータリー会長を務めるホルガー・クナーク氏のテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」。
 実際、ロータリークラブの奉仕活動は、世界を舞台に行われている。ポリオ撲滅を目指し、毎年WHO(世界保健機関)と協力して、パプアニューギニアなどでワクチンの接種活動を実施。水問題のある国では、ポンプの設置や識字率向上のための学習の場づくりなども進めております。
 日本での大きな取り組みとしては、2011年の東日本大震災からの復興支援が挙げられます。
 また、会員の寄付をもとにした米山記念奨学会では、日本に在留する外国人留学生に奨学金を支給。国際的に活躍する人材の輩出を目指すとともに、日本の文化や習慣に触れることで将来、母国と日本との懸け橋となることが期待されています。

国際ロータリーの創設者
ポール・パーシー・ハリス
(Paul Percy Harris)
日本のロータリーの父​ 
           米山梅吉
米山梅吉
​ポール・ハリス来日 昭和10年 東京

アクセス

〒799-1371
愛媛県西条市周布220番地
西条商工会議所予支所2F

 

お電話&ファックス

電話番号  0898-64-1866

ファックス 0898-64-5532